TOPへ] [会長・幹事挨拶] [クラブ組織] [本年度の主な行事
クラブ同好会] [主な社会奉仕活動][新潟万代ロータリークラブへのお誘い
用語便覧] [リンク集] [会員用
本年度 新潟万代RCテーマ
「明るく、楽しく、ご一緒に(親睦、団結、奉仕)」
会長挨拶 清野 元雅
新潟万代ロータリークラブ2018〜2019年度
清野 元雅会長



この度、新潟万代ロータリークラブ2018-2019年度会長を仰せつかりました清野元雅です。池田登実男幹事と一緒に1年間務めさせていただきますのでよろしくお願いします。
今年度は我が新潟万代ロータリークラブが7RC野球大会、3RC合同例会、献血キャンペーンの主幹クラブとなります。これには皆さんの力をお借りして成功させたいと思いますのでご協力をよろしくお願いいたします。
 国際ロータリー今年度バリー・ラシン会長の2018-2019年度のテーマは「インスピレーションになろう」です。テーマの意味は「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」という事です。
また、第2560地区川瀬康裕ガバナーの2018-2019年度のテーマは「自らのロータリーストーリーを作りましょう」です。これは、それぞれで勇気を持ってやりたいと思う「みんなのためになること」を実現して語り伝えるという事だという事です。
 さて、新潟万代ロータリークラブ2018-2019年度テーマは「明るく、楽しく、ご一緒に」としました。副題として(親睦・団結・奉仕)を入れました。
このテーマは文字通り、クラブは明るく、楽しく、そしてクラブの活動を皆で一緒に参加していくことを目指す目的で決めました。クラブ活動を円滑に進めていくためには、会員同士の親睦を深めお互いがクラブ活動に積極的に参加しやすい環境を作る事が必要だと思います。クラブの環境が整えば奉仕活動や地域活動が今まで以上に充実されるものだと思います。
例会でも同好会でも懇親会でも明るく楽しく一緒に過ごせるクラブにしていきたいと思います。
今年度も新潟万代ロータリークラブ会員全員が一丸となって主幹事行事を成功させ、明るく楽しいクラブにするため、皆様方にご協力を頂ながら一緒に頑張って行きたいと思います。1年間よろしくお願いいたします。


重点目標
1 新会員との親睦、連携
 新会員、ベテラン会員の親睦を図るために同好会等をより多く発足して交流を深めたいと思います。現在は野球部、ゴルフ同好会、最近発足したスキー同好会だけです。他にも色々な同好会を発足して会員同士の親睦を深めたいと思います。

2 会員増強の推進
  会員増強の今年度地区目標は女性会員、40歳未満の会員、ロータリーに入会するローターアクターの数を 増やすという事です。
  前年度末の会員が入退会も有り38名でした。今年度も皆様方にご尽力を頂き5%純増の40名以上を目指してご協力をお願いいたします。

3 奉仕活動の計画
近年、社会奉仕活動が他クラブに比べて少ないように思います。今年度は社会奉仕に力を入れたいと思います。
  また、ここ数年、地区補助金を利用した身近な奉仕活動は実施していないのが現状です。この地区補助金を利用した事業は当年度に申請し、翌年度に実施というスタイルになるため、当年度中に次年度に向けての一つの事業として捉え皆様から意見をいただき実行に向けていきたいと思います。
  
4 CLPの徹底
  現在我がクラブはCLP(クラブリーダーシッププラン)を採用しております。
  CLPにはいろいろな項目がありますが、組織としてのCLPつまりクラブのリーダーを育てるため部門長と委員長及び委員の連携強化です。
各委員会への連絡事項は部門長を通じて実施いたします。
  部門長より委員長へ案件を下していただき調整いただくことで部門内の情報を共有し部門長より各委員長・委員へ指導いただくことでリーダーが育っていくものと思います。

5 出席率の向上
  クラブの活性化には出席率の向上が不可欠です。そのため欠席連絡を徹底して行うこととします。また、新会員の方はよほどの理由がない限り、地区行事及び特別例会には出席をしていただきたいと思います。今年度のテーマとさせていただきました「明るく 楽しく ご一緒に」の実現ため出席率は向上させましょう。

6 各委員会活動のクラブ内情報共有
  各委員会は年度中に地区行事などの参加をされますが、その報告を委員会報告もしくは卓話形式にて必ず実施いただくことで、クラブ内の情報共有を図り各委員会がどんな活動を行っているのか、また、自分がその委員会になったとき何をすべきかを伝えていくことか重要であると思います。

7 前年度のシステム継承及び新システムの導入
  柴野年度において実施されていたシステムは継承してまいります。
  にこにこシステム(締め切りタイミング・写真)、例会の席順の抽選など

数値目標
会員増強        既存会員の5%増員 40名以上(現在38名)出来れば42名
出 席 率        86%以上(欠席の場合は必ずメークアップをお願いします)
米山奨学寄付     1会員当たり20,000円以上
ロータリー財団寄付  年次基金   1会員当たり150米ドル以上
              ポリオプラス寄付 1会員当たり30米ドル
ニコニコボックス    60万円以上(近況報告等を発表)
その他
クラブ戦略計画の立案
マイロータリーの登録
以上

幹事挨拶 池田 登実男
新潟万代ロータリークラブ2018〜2019年度
池田 登実男幹事



新潟万代RC 2018〜2019年度 幹事を仰せつかりました池田登実男です。
清野会長と共に1年間、頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

私が新潟万代RCに仲間入りをさせていただいてから、
あっという間に6年が過ぎようとしています。
先輩方が、いろいろと教えてくださったり、
アットホームな雰囲気の中で、6年間を楽しく過ごすことができました。
ありがとうございました。

月曜日の午後6:30 会長の点鐘から例会が始まります。
続いてロータリーソングなどの斉唱、そして握手の時間と、つながる訳ですが、
この握手の時間が、例会セレモニーの中で、とても大切だと感じています。

入会当初、「いけだとみおさん よろしく!」と、
フルネームで呼んで握手をして下さる方がおいででした。
新参者の私の名字だけでなく、名前まで憶えてくれている。
驚きでした。

また、軽く片手の握手もありますが、
両手でがっしりと握手をしてくれる方もいます。
フルネームで呼ばれ、両手で がしっと握手されたら感激ものです。
卓話の時間も、もちろん大切ですが、こんなような 握手の時間にできれば
例会が引き締まり、そして 全体が楽しく有意義になると思います。

清野会長の今年度のテーマ「明るく、楽しく、ご一緒」を目指すには、
まず、会長・幹事が楽しくなければならないと思います。
会長・幹事が楽しくしていれば、クラブのメンバーも楽しくなるはずです。

身体に気を付け、健康で1年間を過ごして行けたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
以上
以上

TOPへ] [会長・幹事挨拶] [クラブ組織] [本年度の主な行事
クラブ同好会] [主な社会奉仕活動][新潟万代ロータリークラブへのお誘い
用語便覧] [リンク集] [会員用
Copyright (C) since2017 万代ロータリークラブ All Right Reserved.